先天性奇形は、現在の日本ではどのくら

先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと出生数に対して、およそ4%です。



高齢出産などがその要因に挙げられますがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だといえます。特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、その意味では、葉酸とは妊娠中の女性に一番大切な栄養素だと言い切っても間違いはないのです。
妊婦が葉酸を十分摂れなければ、お腹の中で胎児が順調に育たない可能性を高めます。
ことに神経管閉鎖障害という異常を招いてしまうこともあり重い障害の例では無脳症となって、流産、死産という結果をもたらします。
そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊娠初期のうちに葉酸をしっかり摂っていくことが必要です。
お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後からサプリで葉酸を摂るようになったのです。



かかっていた病院では、葉酸はすぐにたくさん摂りなさいと急がされましたが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは言われた記憶がありません。

ですから、1袋が終わったところでそれきり全く飲みませんでした。
しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったので今もサプリメントで葉酸を摂っています。
一見すると無関係なように感じますが、実は妊娠と歯の健康とには重要な関連性があることが分かっています。


日々の絶え間ない研究の成果により、歯周病は早産や低体重児出産の確率を高めているのです。治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は出来るだけ早く、行って診てもらいましょう。
受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。



それに、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12があるのです。なぜなら、葉酸を摂りすぎてしまうと、ビタミンB12が不足したことが判断しにくくなってしまう事があります。女性は、妊娠によって生活や精神状態に変化が起こります。
そのため意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、ストレスが自律神経に影響することもあります。


多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから起きるというのが一般的な説ですが、自律神経のバランスが崩れて起こるケースもあるとされています。

母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整するように作用するのでつわりの軽減も期待できるわけです。
効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、サプリメントなどを補助的に飲んで所要量を摂っていくのがおすすめです。


さらに、妊娠中や授乳中の女性などより多くの葉酸摂取が必要なのに摂取できる葉酸の量が、食事だけではなかなか必要な分だけ摂れないとき、または鉄分の補給だけでは治らない貧血の治療で大量の鉄分補給と並行してスポット的に注射で投与することもあるようです。


妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。ということはつまり、妊活において男性の協力はなくてはならないものだということです。
女性にしか出産はできませんので、ともすると妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、男性の頑張りが足りなければ妊娠の可能性は低くなってしまうでしょう。「妊活」と聞いたとき、一般的にはママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、本当なら、夫婦二人にとって、女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。

そこで具体的に、男性ができる妊活、食事について考えていきましょう。


妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。この様な栄養素を毎日摂取するよう努めて、妊活の成功率をよりアップさせましょう。
次は女の子が欲しいと決心してから、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けをとことん調べました。野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどと本当に産み分けができるかは何とも言えないようですが、できることは全てやってみました。


何とか赤ちゃんを授かって、つわりでかなり辛かったときも葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。