妊活中の方は、薬の服用には注意

妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は妊活中であっても服用に問題はありません。
しかし、気を付けなければならないのはもともと医者から処方されていた持病の処方箋をそのまま服用する場合です。

ですが、薬を服用する限り、副作用や身体への影響を考える必要がありますから、処方箋はもちろん、市販薬であっても、妊活中であることを医師や薬剤師に伝えたうえで服用のアドバイスをもらうのが安心だと思います。ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。赤ちゃんは生後間もない時期に、盛んに細胞分裂を進めながら急速に発達していくのです。その過程でたくさんの葉酸が必要になります。一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を望んだときから、断乳するまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。

食材から葉酸を多く摂ろうとすると、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、いくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、葉酸を多く含む食材にこだわるというのはちょっと考えられない話です。
葉酸を比較的簡単に摂れる方法としては以前ブームになったスムージーがあります。ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他にりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、誰でも簡単に作って飲めるのです。ちょっとでも早く妊娠したいと妊活を行っているのなら、栄養をしっかりと取ることは重要です。
「太り過ぎ」までいくと問題ですが美容のためのダイエットはいったん中止して、きちんと栄養を摂るようにしましょう。おやつは「栄養補給のため」と考えて、食べすぎに注意すれば気分転換にも有用であると言えるでしょう。
妊活と言えば、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、夫婦の場合は女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。
では、男性が出来る妊活の一つ、毎日の食事に注目してみましょう。

男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、代表的なものとして、亜鉛や、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群があります。これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。



他のビタミンB群と同じく、葉酸も水に溶け出る性質があるため、たくさん摂取しようと、一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。



葉酸をサプリメントなどから摂取する場合も、その性質を考えて、一度に大量に飲むのではなく時間をおいて飲んだ方が良いという点を意識するべきでしょう。葉酸の所要量を摂取できるように、毎日食材を組み合わせていくのはけっこう大変です。強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく体内で使われるようにしたいものです。
妊活中は栄養にも気を配りたいものです。そういった意味でも果物を積極的に摂る事は望ましいものであることは、世間でも良く知られています。

でも、どうせ食べるのなら、もっと妊活の助けになるような摂り方ができれば、もっと妊活の励みになるのではないでしょうか。果物によっては体を温める効果が期待できる種類もあるのです。具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。
葉酸は水溶性のビタミンなので、体内に蓄積されにくく、毎日少しずつ摂らなければなりません。

よほど食生活が偏っていなければ、サプリメントなどの必要はないとされますが妊娠初期は、胎児の発育のため特に必要なので所要量の葉酸を毎日しっかり摂らないと葉酸が足りないことになってしまいます。

葉酸を摂るためのサプリメントなどの開始時期は、極力、妊娠の判明から間を置かずに始めるのが最善だと言えます。


できることなら、妊娠を考えているときから摂るのが望ましいという意見もあることを知っておいてください。
自分の子供を持ちたいと妊活を続けている方は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。

例を挙げると、鎌倉所在の長谷寺は子宝と関係があり、そこにおいてあるお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。

それ以外にも、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、色々なアイテムを試すのもおすすめです。神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためにはビタミンB群である葉酸の効果が認められています。


妊娠している女性は、葉酸を強化して摂取することを厚生労働省もすすめているくらいです。

上手に葉酸を摂るためには、普通の人の、一般的な食生活では胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。

足りない分はサプリなどを飲んで葉酸の所要量を確保できるくらい効率よく摂っていきましょう。